気づいた時にはもう遅かった!妊娠線ができてました

妊娠して早い段階で帝王切開での出産が決まっていたので、お腹に傷は残るだろうと諦め、少しでも綺麗なお腹でいられるように妊娠線には気をつけよう!と妊娠線予防のオイルを購入しました。5、6か月過ぎくらいまでつわりがひどくあまり食べれなかったせいか、緩めの普通のワンピースでも目立たないくらいお腹が小さかったので、まだまだ妊娠線なんて出来るわけない!と安心しながらも、とりあえずオイルでマッサージを続けました。つわりもあったし、ちょっと苦手な感じの香りのオイルだったので、毎日のマッサージは辛かったのですが頑張りました。
8か月くらいになって、だいぶお腹も大きくなってきた頃です。マッサージはずっと続けていてお腹も綺麗だったので、妊娠線は大丈夫!と思っていたある日、主人とお風呂に入った時に言われたんです。。お腹の下のところがしましまになってるよ!って。え?まさか?と思って確認しようにも、お腹が大きくて見えなかったので手鏡で恐る恐る見てみたら。。バッチリ妊娠線ができていました。スイカの模様のようにはっきりとしましま模様が。もうがっかりしてしまいました。毎日マッサージもしてたのになんで?と悲しくなって検診の時に看護師さんに話をしたら、急にお腹が大きくなったからマッサージしててもあんまり効果がなかったのねと言われました。お腹の下の方までよく見ておけばよかったと後悔しても時すでに遅し。とりあえず出産前までこの妊娠線を最小限にとどめようとマッサージは続けましたが、私のお腹にははっきり妊娠線は残ってしまいました。出産からだいぶ経って、胸の下にもしましまができていたことに気づいてまたがっかり。胸も大きくなったので肉割れになってしまったみたいです。胸は全然ケアしていなかったので、気をつけていれば少しは変わっていたのかもしれませんが、こちらもすでに遅かったです。
あんなに気になっていた妊娠線ですが、今では全く気になりません。誰かに脱いで見せるわけでもないしと開き直っています。子供が大きくなって一緒にお風呂に入った時に、これはどうしたの?と妊娠線の事を聞かれました。妊娠中にお腹が大きくなってできたんだよと教えたのですが、真剣に聞いている子供の姿を見て、こんなに大きくなってくれたんだなぁと嬉しくなりました。そんな子供の成長を見ていると、妊娠線ができたらどうしようなんて気にしてた自分が馬鹿みたいで、逆にお腹でちゃんと大きく育てた証拠だな!ちょっぴり誇らしい気持ちになったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です