妊娠線クリームをしっかり塗ってケアすれば、産後もまた水着着れます!

私が妊娠線が出来ないようにしたことは、妊娠3か月のまだお腹もさほど大きくならないうちから、「ピジョン ボディマッサージクリーム」を使用し始めたことから始まります。一人目も、二人目も妊娠が分かったのが秋口で乾燥の季節向かう時期でした。

一人目を産む前は、比較的筋肉質な体型だったので、お腹が伸びにくいのではと自分では思っていて、しっかりクリームを塗らないと後で後悔しそうだと思い、3か月から塗り始まました。塗る時間帯は、お風呂あがりのみです。
そのまま、8か月くらいまでそれを継続しました。
8か月からは、かなりお腹が大きくなってきたので、そのピジョンのクリームに加え、ジョンソンエンドジョンソンのベビーオイルも使っていました。
クリームを塗って、さらにオイルを重ねていた感じです。
一人目の時は、とても心配症だったように思います。

それでも、その効果もあってか、妊娠線もできず、出産後も肌もツルツルで元通りに戻りました。

二人目を妊娠したときは、一度伸びているお腹なので、大きくなるスピードが早く、3か月目くらいから、とてもかゆくなりました。
二人目の時は、ちょっとおおちゃくになっていて、まだいつものクリームでいいかなと、専用のものを使わずにいた3か月のころ、かゆくてかゆくて、気が付くとお腹をポリポリかいてしまっていました。
そこでやっぱり、専用のクリームを使わないと私の肌はダメなのかもと思い、同じようにピジョンのクリームを塗るようになりました。
最初は、一人目と同じようにお風呂あがりに塗るだけで、快適に過ごせました。
しかし、二人目のときは、それだけではかゆくて、夜中に目が覚めてしまうほどでした。
そこで、お風呂上りに加え、朝起きたあと、日中も一度塗って、一日3回塗っていました。
ちょっと塗りすぎなのかもしれませんが、これで肌が潤って、そこから出産に至るまで快適に過ごせました。

二人目は、オイルは使わなかったのですが、クリームだけでもしっかり保湿していたので、妊娠線は全く出来ませんでした。
乾燥時期は、とにかく保湿しないとかいてしまうので、ここだけはめんどうだなと思いつつも、頑張りました。

二人目出産後も、このいっぱい塗る作戦で、妊娠線は出来ず、出産後も元通りの肌質に戻りました。
肌がかなり、しわしわしてしまった友達が近くにいたので、そうなりたくないなと思い、頑張りました。
その効果が出て、今でも夏は水着になっても恥ずかしくないので、子供たちと元気に海やプールで遊べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です